クライミング用チョークバッグを選ぶ

クライミング用チョークバッグを選ぶ

ウォールクライミングを始めとする様々なスポーツクライミングで必要になるのが、チョークを保管するバッグです。
「チョーク用バッグなんてどれも一緒じゃない?」という声が聞こえてきそうですが、そうではありません。
自分のクライミングスタイルに合わせて選ぶ必要があります。
そこで今回は様々なチョークバッグをいくつか取り上げて紹介します。
まず、バッグの種類のひとつに腰に巻きつけるタイプがあります。
こちらのバッグは大きさが小さめで持ち運びも簡単なもので、使用用途が広いのが特徴です。
様々なデザインが豊富にそろっていてどれも低価格なので、初心者の方におすすめのタイプです。
ただ、バッグの口が狭いこととブロックタイプのものを入れるのが難しいことがデメリットです。
つぎにバケットタイプのバッグがあります。
こちらは主にボルタリング用につくられたもので、どちらかというと上級者向けです。
こちらのバッグはブロックタイプのものも入り、テーピングや歯ブラシといった他のものも一緒に保管できるのがポイントです。
ただ、腰につけて運ぶことができないので登っている最中には使えないこと、腰につけるタイプのものに比べて少し高いのが欠点です。

クライミングでのチョークの役割

ボルタリングやウォールクライミングで欠かせない道具のひとつがチョークです。
チョークといえば学校で、黒板に文字を書くときに使う道具というイメージがありますが、クライミングで使うものには別の役割があります。
クライミングの場合、手の滑り止めとして使われます。
この滑り止めの主成分は炭酸マグネシウムですが、実は炭酸マグネシウムそのものには滑り止めとしての効果がありません。
濡れた路面などに炭酸マグネシウムをまいてしまうと逆に滑りやすくなるくらいです。
しかし、この炭酸マグネシウムは吸水性に特に優れており、手の汗を炭酸マグネシウムが吸収してくれるので、ここでは滑り止めとして使われています。
「ちょっとタンマ」という言葉の「タンマ」も炭酸マグネシウムから来ています。
チョークは持てる面積が小さいホールドを掴まなくてはいけない場面においてとても重要です。
チョークにも様々な種類が豊富に揃っているので、自分のスタイルに合ったものを探してクライミングを楽しみましょう。

クライミングチョークの種類

クライミングチョークは小さなホールドを持つような場面で活躍する、必要不可欠なクライミング道具です。
チョークには様々な種類があり、バッグ同様、自分のスタイルに合わせて選ぶのがポイントです。
チョークの種類のひとつに、液体タイプがあります。
このタイプは炭酸マグネシウムをアルコールに溶かしており、手によく馴染むので長時間使えるのがポイントです。
粉の飛散がないので屋内のボルタリングジム等で使えるタイプです。
2つ目として、粉末タイプがあります。
こちらはさらにサラサラのものと固形が少し残ったものの2種類に分かれます。
こちらはバッグに入れて登っている最中にも使えるのがポイントで、屋外の岩場で主に使われます。
ただ、粉末が飛び散るので屋内のジムでは禁止されている場合があります。
3つ目として、ボールタイプのものがあります。

こちらは粉末タイプをボール状の袋に詰めたもので、屋内でも粉末の飛散がないのが特徴です。
屋内のジムでも使えるのでジムでクライミングをする方も大丈夫です。
こちらは詰め替えができるものと使いきりのものの2種類にさらに分かれます。
ここまで種類が豊富にあるので、自分に合ったものがきっと見つかると思います。