最近耳にするITアウトソーシングってどんなもの?

最近耳にするITアウトソーシングってどんなもの?

最近よく耳にする言葉で、「アウトソーシング」と言う言葉をご存知でしょうか?私がパートで働いている職場でも時々耳にすることがありますし、インターネットなどを見ていると「ITアウトソーシング」などと言う言葉を目にする機会もあります。
同じ職場で働く社員さんの話から初めてこの言葉を聞いたとき、最初に頭に思い浮かんだことは「外注や内職など外部に作業を委託する」と言うことでした。
細かい手作業など、会社内で行うより外注や内職に委託した方が効率が良いと考えられる場合、作業を外部へ委託することをアウトソーシングと呼ぶのだと解釈しました。
ところが最近、私の解釈が少し違っているのではないかと感じる事がありました。
どうやら単純に作業を外注や内職に委託することを意味しているだけではなさそうです。
特にITに関してはその意味合いがだいぶ異なるのではないかと感じたので、アウトソーシングとはどういうものなのかを調べてみようと考えました。

自社管理より、ITアウトソーシングを利用する方が良い訳は?

アウトソーシングのアウトとは「外部」を意味し、ソーシングは「資源利用」を意味します。
つまり外部の資源を上手く利用しようというのが、アウトソーシングの考え方です。
外部の資源には人手はもちろん、作業を行う場所や設備、技術力なども含まれます。
IT関連に関して言えば、ハードウェアなどの設備、管理やメンテナンスなどの技術力も外部の資源と言えるでしょう。
例えば大量のデータを保管するデータサーバーを社内で管理するとします。
データサーバーを設置する場所を設けなければなりませんし、設置場所の環境を整えなければなりません。

当然メンテナンスも必要ですから、メンテナンスの出来る人材を育てなければなりません。
データサーバーの社内管理には多くの費用、時間や労力が必要になる訳です。
しかし外部の資源を利用すれば、つまりITアウトソーシングの専門業者を利用し提供するサービスを購入すれば、費用こそ必要ですが、労力や時間を割くこと無くデータサーバーの管理が出来るのです。