ハム、ソーセージを買うならハンナンで買うべき

ハム、ソーセージを買うならハンナンで買うべき

日本では、季節の挨拶として贈り物をすることが常識となっています。
お中元やお歳暮が定番でしょう。
他にも、母の日、父の日、敬老の日など、親しい人にお祝いを込めて物を送る機会も多いと思います。
そういう贈り物として、おすすめしたいのが、ハムやソーセージなどの加工食品です。
もらって困る物ではないですからね。
ハンナンという食肉企業があります。
本社は大阪にあり、1940年代に創設された企業です。
牛肉豚肉を輸入したり、加工したり、販売したりする企業です。
国内外に問わず多くのグループ会社や営業所が設立されています。
グループ会社は、販売事業部、加工事業部、国産事業部、海外事業部、管理本部となっています。
輸入肉や国産に苦を使って、ハムやソーセージなど加工食品を作っているのです。
他にもサラミ、ベーコン、ローストブーフ等も作っているそうです。
ハンナンでは、企業としても個人としても、コンプライアンスを徹底的に守る取り組みをしているそうです。

仕事内容の詳細?ハンナンでの加工食品はこうして出来る?

ハンナンでは、新卒も中途も採用しています。
一緒に仕事してみたい方は、仕事内容の詳細を知る必要があります。
例えば、国産牛の製造・営業担当者の仕事はどのようになっているかです。
製造担当者は、出荷された牛から除骨をし解体したり、ロースやバラなど部位を製造する担当のことです。
営業担当者は、加工された食肉を、全国の販売・加工会社などに電話を使って販売をするお仕事です。
仕入れから販売までを担っている人もいます。
次に、食肉製品製造担当者についてです。
まず原材肉についている余分な部分(脂肪や筋など)を取り除く作業をします。
そして規格の大きさに成形し、味付けや加熱等の製造作業もします。
次に、品質検査担当者についてです。
厳格な検査の結果次第で出荷の有無が決まるという、とても重要な仕事の1つです。

検査器具の使い方や保管方法など、基本的なことこそ大事にしているそうです。
結果が悪かった場合には、工場内を巡回し、原因究明をしたりします。
ハンナンで一緒に働いてみたい方は、このように担当別の仕事内容をしっかり熟知しておきましょう。