不動産手数料を支払っても支払わなくてもサービスは一緒なのか

不動産手数料を支払っても支払わなくてもサービスは一緒なのか

では、不動産手数料を払わないところだとどうでしょうか?最近、「仲介料値引き」とか「仲介料0円」を売りにしている不動産屋が増えています。
特に中小の会社で多く見受けられますが、どうして不動産業の収益源である不動産手数料を減らせることができるのでしょうか?実はこのことは現代のネット社会と関係があるんです。
ネットが普及している今、あらゆる情報をPCやスマホから入手できるようになりました。
不動産の情報も同じで不動産屋に行かなくても気に入った物件が見つかるようになり、逆に紙の広告・チラシ等は見る機会が減ってしまいました。
不動産手数料を減らした不動産屋はそこに着目し、チラシ類などの製作費をHPやネット上の広告費に充てているのです。
先ほどの大手とは対照的で時代に合った先進的な広告戦略だと思います。
決して社員の人件費を削ってサービスを低下させたり、別個で費用を負担させられるようなことはまず無いでしょう。
また中小の不動産屋は大手では把握できない地場の情報や物件の詳細情報を持っていることもあります。
ですので、不動産を選ぶ際には不動産手数料の有無だけではなく、それぞれのタイプのメリット・デメリットを把握した上で検討することが大事になります。