保健科学研究所の企業理念と人材育成について

保健科学研究所の企業理念と人材育成について

保健科学研究所とは、臨床検査業界においてトップレベルの成果を遂げている検体検査を行ってる企業です。
正確、迅速であることは勿論のこと豊富なネットワークを持ち業界内でも高い評価を得ています。
本社は神奈川県にあり、宮城、愛知、大阪に支社を持っています。
設立は1955年。
従業員数2000名規模の企業です。
人材を財産と考え、教育体制にも大変力を入れていてます。
営業及びシステムエンジニア分野のインターンシップ制度、臨地実習の受け入れも実施。
より専門的で優秀な人材を確保することを目指し、様々な受け入れ体制を整えています。
社員教育としては、新入社員はまずビジネスマナーや基礎的な業務を学び、営業研修や検査技師研修等の訓練カリキュラムが用意されています。

さらに一般社員、中堅社員、管理職と各職制に応じた教育や研修を受けていくことになります。
職員一人一人が従事する業務に関わらず、職務においての社会的重要性と責任を認識し、社会貢献と医学の進歩に寄与することを倫理観として大切に考えています。
社会的に重要な役割を担っている保健科学研究所はこういった企業理念のもと日々活動しています。