様々な検体検査事業を行なう保健科学研究所

様々な検体検査事業を行なう保健科学研究所

様々な検体検査を行っている保険研究所では、臨床検査事業、遺伝子関連検査事業、研究検査、治験事業等、多岐に渡る事業を行っています。
臨床検査の多くは検査センターで行われており、これは皆さんが病院で採血や検尿されたものについて、分析をし、検査結果を報告する検査のことを言います。
保健科学研究所では、日本で初めて検査機器の自動化を行なうなど、迅速正確な検査を目指しています。
臨床検査は私達の生活に密着しているので比較的イメージしやすいですよね。
少し難しい所で言いますと、遺伝子関連検査事業。
これは癌、感染症等の確定診断や薬物治療の指標として重要となってくる検査です。
さらに予防医学への取り組みにも力を注いでいます。
研究検査としては、軽度認知障害の兆候を血液検査で発見する目的のスクリーニング検査や、網膜色素線条症の遺伝子解析、フェニルケトン尿症の遺伝子解析等を行なうことにより、様々な疾患、障害の早期発見、予防を目指しています。
少し難しくなりましたが、保健科学研究所は私達の健康にとても密接で大きな役割を持った大変重要な企業であるということが良く分かりました。