ハンナンの会社の概要と考え

ハンナンの会社の概要と考え

私の父は、ハンナンで長年働いています。
この会社は、食肉関係の業務をしており、本社は大阪です。
支社が東京にあり、海外にも拠点がある会社なんです。
父によると、この会社はまだ食肉の仕事が珍しい時代から創業していたらしいですね。
少しづつ会社が大きくなり、現在のグループにまで支社や関連企業の数が、今のように広がったようです。
中には、一つの事業部を切り離した会社もあるそうです。
ハンナンは、美味しくて安全な肉を提供する事を考えています。
父の働いている会社に興味があったので、色々と調べていたところ、食べ物を扱う会社として創業当時からの考えの様ですね。
お肉屋さんから始まり、今では複数の支社があり、海外にも拠点を持つグループにするのは大変だったでしょう。
欧米の文化が根付き日本人がお肉を食べるようになり、このような会社が必要になったと思われます。
父が働いているハンナンは、いち早くそれを感じて仕事にしたんでしょうね。

製造販売している種類とハンナンの扱っている原材料

食肉に関係する業務を行っているハンナンですが、父によると加工食品も取り扱っているようです。
主に北海道産の牛肉や豚肉を使用したハムやソーセージが主力の商品だそうです。
珍しい商品には、豚の骨付きハムや北海道では有名な行者にんにくを使用したソーセージがありますね。
生ハムのように加工が難しい商品など、かなり多くの種類を製造販売している会社のようです。
これらの加工品は、海外からの輸入品が目につきますが、この会社は自社や関連企業で製造や販売をしています。
国産の材料を多く使用しているのも珍しいですね。
中には出来上がるまでに一か月近くかかるものもあり、事前の予約が必要みたいですね。
多くの人が集まった時に、大きな骨付きハムは話題になるので人気があるそうです。
私はまだ実際に見たことが無いのですが、父によると大きさがかなりあるので、迫力があるそうです。
味ももちろんですが、美味しい製品はハンナンの自慢の商品のようですね。

品質管理がしっかりしているハンナン

大阪が本社のハンナンは、父に話を聞いているとかなり品質管理がしっかりしているようです。
品質管理をどのようにしているのか調べたのですが、製品が安全であるか、それぞれ専門の部署でしていますね。
衛生的な施設で製造する事にも気をつけているようです。
コンプライアンスを守る事を大切にしている会社で、専門の部署が管理をしています。
設備以外に、環境などにも気を使っています。
ハンナンは製造過程のルールを守るように、全ての従業員に徹底して指導している会社のようです。
父も入社した当時は、これらのルールを覚える事が大変だったと話しています。
ハンナンの食肉を試してみる
人体に安全な水を使用したり、それぞれのグループで製造過程を管理している会社の商品は安心して食べられますね。
食肉加工は使用する原料を仕入れてから、製造して製品を出荷するまで、多くの過程が発生します。
ハンナンではそれぞれの過程で労災を含めて、出荷するまでを事故がないように注意をしています。