日本ロール製造と日本の製造業について

日本ロール製造と日本の製造業について

前回は就職という点で書かせていただきましたが、日本ロール製造を製造業という視点で見てみると、どういう発見があるのでしょうか。
日本の製造業がもっと元気になってくれないと日本の経済全体がよくなりません。
分野別ではサービス業のほうが大きいウエイトを占めていますが。
製造業の重要なところは製品を作る技術も付随しているところです。
技術は重要な低コスト高付加価値の知的財産であり次世代にも引き継がせることができるものです。
日本から製造業がなくなってしまうと、非常に大事なものを一つ失うようなそんな感じがします。
それだけはぜひとも避けたいところです。
製造業と一口に言っても素材、製品によって非常に多岐にわたります。
自動車、テレビ、ノート、鉛筆、お菓子、などあらゆる分野において一番と言われる企業が日本には山のように存在します。
日本ロール製造はビニル、プラスチック加工機械製造では日本でトップだそうです。
実際に日本ロール製造で働いている人が私の周りにはいませんので詳しいことはあまりよくわかりませんが、定職率は結構よいみたいです。