友人が就職する関東の施工管理の仕事について

友人が就職する関東の施工管理の仕事について

わたしの友人は、関東の施工管理に関する会社に就職すると言っていました。
何となく、忙しくて大変な仕事だというイメージがありますが、施工管理とはどのような仕事なのでしょうか。
工事の種類は、建築、土木、設備、電気、プラント、機械などがあります。
それらの工事を発注されたら、工期内にきちんと終わらせて、引き渡すことです。
その中で、さまざまな管理を行う現場監督のような役割をします。
管理とは、安全管理、原価管理、工程管理、品質管理などです。
業務の中では、発注者と打ち合わせをしたり、書類を作成したりもします。
これは原価管理や工程管理にあたります。
工事現場では、工事の指導、監督などを行います。
工期内に仕事が終わるように、計画し、実行しなければなりません。
これは、工程管理、品質管理にあたります。
そして、工事中に労働災害などが起きないようにします。
これは安全管理にあたります。
関東では、工事があっという間に終わっているというイメージがありますが、このような施工管理の仕事のおかげです。

施工管理の資格を関東で受験する

関東の施工管理の仕事というのがどういうものなのかはだいたいわかってきました。
仕事をするにあたって、施工管理に関する資格というものがあるそうです。
国家資格ですが、6つの分野に分類されます。
建設機械、土木、建築、電気工事、管工事、造園で、それぞれの試験は、1級と2級があります。
これらは、実際に工事を行う技術者向けのものではなく、設計から、工事の施工までの流れを管理、監督する者向けの試験です。
試験はだいたい年に1回行われます。
実務経験を積んだ上で、試験を受けます。
受験の書類には経験年数も記入するようです。
試験を受ける以外で、他の資格で同等と認められることもあるそうです。
施工技術の向上を目標としています。
この資格があると、専任技術者や主任技術者、監理技術者の資格を満たします。
6つの試験の種類によって、監理技術者として業務が可能な職種が変わってきます。
わたしの友人も関東で施工管理の仕事をしていく上で、受験することとなるでしょう。

関東の施工管理の仕事の一日

施工管理の仕事をしている友人に、一日の流れを聞いてみました。
これは関東のある工事を担当したときの例です。
現場によって始業時間は異なりますが、だいたい朝8時ごとに朝礼が行われます。
朝礼では、一日の作業の確認をします。
そして、注意事項等についても確認します。
施工管理の仕事として、安全管理は大切なことのひとつです。
それから、工事現場へ出向き、技術者と直接細かい内容を確認します。
また、現地では設計図と照らし合わせて、問題が無いかも確かめます。
お昼休憩は一般的に12時から13時ですが、工事の進捗によって、前後します。
その後、自主検査というものを行います。
工事が計画通りに行われているかどうか、現地で自分の目で確かめます。
このような作業を夕方まで行い、現場での仕事は終わります。
その後会社に戻って、事務作業を行うこともあります。

その日行われた工事の確認をしたり、次の日の工事のための準備をしたりします。
関東だけでなく、他の地域での施工管理の業務も同様でしょう。