ペルシャ絨毯が傍にある生活を手に入れる

ペルシャ絨毯が傍にある生活を手に入れる

日本で生まれ育った方でペルシャ絨毯に親和性を感じる方はまだ少ないかもしれません。
ペルシャ絨毯は、現在のイラン周辺で古くから生産され続け、ペルシア文化・芸術を代表する美術工芸品の1つですが、日本への渡来も古く、卑弥呼の時代には献上品として存在したといわれています。
上質な羊毛と綿で織られた絨毯から絹を使った物まで形態は様々ながら、その伝統的な職人技術と素材の希少性で、現代でも高価な物とされています。
そんなペルシャ絨毯が日本の家庭に普及しだしたのは、高度経済成長期以降の現代からですが、広くて大きなお家に住んでいるお金持ちの持ち物、といったイメージが強いのではないでしょうか。
しかし羊毛を使ったカーペットは日本の家屋においても、優れた特性を見せてくれます。
保温性もさることながら、水分を繊維内部に閉じ込めて表面をサラサラに保つことができる羊毛は、日本の多湿気候によく合っているといえるのです。
ペルシャ絨毯には沢山の大きさや模様が存在します。
自分のライフスタイルに合った絨毯をこの機会に是非探してみませんか。