猫好き村上豊彦の思いやり

猫好き村上豊彦の思いやり

こんにちは、猫好き村上豊彦です。
学校内で猫を見かけたら追いかけずにはいられないのが私の恥ずかしいところでしょうか。
でも可愛くてやめられません。
私の大学の友人たちも猫好きがとても多くて、よく数人で猫カフェに行くことも多いです。
最近通っているお気に入りの猫カフェに、すごくお気に入りの子がいるのです。
目を合わせながら「ゴハン」と言うんです。
餌やりがマストみたいで、店員さんも「ゴハンだよ!こっちこっち」と声をかけています。
そのお気に入りの猫は毛色は茶色で、毛足は長い長いロングヘア、目はビー玉のように輝いていて、何と言っても超肥満・・・いえ、グラマラスボディなんです(笑)店員さんにお願いして、おやつをもらうと他にもたくさん猫ちゃんがいるのに、グラマラスボディで真っ先にこちらに来て、猫パンチでおねだりします・・・。
もうこの猫パンチがたまらなくて、何度もギリギリ届かないあたりにおやつを近づけて繰り返し猫パンチしてもらうっていう事を繰り返している私を羨ましそうに友人が見てきていました。
その後、チェンジしました(笑)猫好き村上豊彦、友人への思いやりも忘れません。

自由な猫に憧れる、村上豊彦です

村上豊彦、本日もブログを更新します。
というのも、実は言いたくて仕方がなかったのですが、また猫グッズを買ってしまったのです。
それは猫の形をしたマシュマロ・・・!ネットで目にしてしまってから、ずっと買うのを迷っていたのですが我慢できませんでした。
私はまだバイトを掛け持ちしているただの大学生ですので、このマシュマロがちょっと贅沢なものになってしまうのですが構いません。
私は自分の趣味のために汗水流す事を誓います!(笑)猫グッズといえば、去年猫用のこたつ(人間が入れるものではない小さいものです)に心ときめいて頑張って買いました。
と、言っても今は学生で猫を飼える身ではなく実家にいる愛猫へのプレゼントにしたのです。
送り先を実家にしてネット注文し、わくわくしながら実家に帰省して、届いた村上豊彦様宛とある段ボールを開けていそいそと設置しました。
しかしいつまでたっても我が子専用のこたつはスルーされ、愛猫は人間用のこたつにいました。
帰省を終えて数日経って母に聞いたところ、猫用のこたつには全く入ってくれないとのことで完全に心砕かれました。
どちらかというと、そのこたつが入っていた村上豊彦様宛とある段ボールがお気に入りであるというのです。
ショックです。
でも、そんな自由さが猫らしくて好きです。

写メはブレブレでも猫愛はブレない村上豊彦

今日も良い天気で嬉しい村上豊彦です。
先日、ちょっと気になっている人がいて(猫じゃなく、ちゃんと女性ですよ!)バイト先の仲間なのですが、バイト仲間同士でまかないを食べていたんです。
雑談の中で、「猫好きなんですよ?」と意気揚々と話すその方は「かわいいですよね!私も猫アレルギーじゃなかったら猫飼ってみたかったです」というのです。
どんなに好きな女性でも、私の趣味である猫を一緒に楽しめないとなると無理かもしれない・・・と考えてしまうほどひどい猫好きの私です。
こんなこともありますよね。
今日は大学の帰りに三毛猫を見かけて、写メを撮ってきました。
どうやら飼い猫のようで、首には首輪がしてあり毛並みもすごく綺麗でやせ細ってもない綺麗な子でした。
猫はこちらの思い通りにはならないので、写メも何枚かブレブレで使い物にならないし、すぐに手のとどかない場所にジャンプしてしまったのですが、そのジャンプ力も猫らしくて良いです。
できるだけ猫の傍にいたい村上豊彦
この村上豊彦、高校の時は高飛びにチャレンジして足首を捻挫してしまったという悲しい過去もあります。
自分にないものを求めてしまってるんですかね。