様々なシーンで使われているビニールカーテン

様々なシーンで使われているビニールカーテン

ビニールカーテンという言葉。
どこかで聞いたことがあるようで、いざ説明しようとすると難しい(よくわかっていない)商品かもしれません。
ビニールカーテンは、主に軟質ビニールを素材としたもので、別名、テントシート、オーニングテント、ビニールシートなどという呼ばれ方もするようです。
また、色も無色透明をはじめ、半透明だったり色付きだったりします。
その他、糸入り(ポリエステル繊維で強化されている)のものがあったり、帯電防止ビニールや防炎ビニール、不燃ビニールなどが存在します。
ビニールカーテンを導入する
具体的な用途としては、店舗や倉庫の出入り口、工場や倉庫、ガレージ内の間仕切り、テラスや屋外休憩所の防寒対策、虫の侵入防止、雨風よけ、ベランダやバルコニーの保護カバー、室内の冷暖房効率アップや目隠しなど、その活用方法は多岐に渡っています。
ちなみ、私が一番印象に残っている、というか知っていたビニールカーテンの用途は、立ち飲み居酒屋の入り口に使われているものです。