震災時に便意を我慢した健康被害と急がれるマンホールトイレ

震災時に便意を我慢した健康被害と急がれるマンホールトイレ

災害時のマンホールトイレの必要性は、国の機関からも活用に関するガイドラインが作成されるなど、既に仮定の段階は過ぎ、本格的な取り組みとなっています。
先の阪神淡路大震災や東日本大震災の時には、水道管が破損されてトイレが使用出来なくなり、国から提供された仮設トイレが行き渡るまでに4日以上かかった被災地が全体の70パーセント近くあったとされ、また仮設トイレが設置されても、その場所までが遠い、寒い、暗い、不衛生だなどの理由から、トイレに行く回数を減らすために水分や食事を摂る事を控えてしまった結果、脱水症状や脳梗塞、心筋梗塞、エコノミークラス症候群などを起こして死に至ってしまった人々が多く見られました。
災害時であっても当然、人間は食べたり飲んだりすれば必ず便意をもよおし排泄する時が来ます。
そのためにもトイレの有無は、即人間の生命に関わる早急に解決しなければならない問題でしょう。
既に学校などでは校庭の片隅にマンホールトイレが設置された場所も多いようです。
マンホールトイレの存在は、人間が生きるための必須条件と言えます。