現在の中古マンション事情in東京

現在の中古マンション事情in東京

皆さんは、東京の中古マンションに対してどんなイメージがありますか?そもそも、どんなマンションを思い浮かべるか、にもよりますね。
私の場合、一昔前は、中古マンションからあまり良いイメージは受けませんでした。
ちょっと古びたマンション?なんて思っていたんです。
でも、実際は違います。
特に、都心の高層マンションの中古となると、お値段も相当なものです。
もちろん、古びた印象なんてありません。
実際、こうした高層マンションは人気が高いようです。
東京で中古マンションが積極的に売り出されているエリアとしては、勝どきや豊洲といった湾岸エリア、広尾、芝浦、天王洲アイル、品川などがあげられます。
一つの傾向として、湾岸エリアのマンションは、売買される頻度が相対的に高いそうです。
新しいマンションが近隣にできると、そちらに住居を移すといった行動が多くみられるとのこと。
自分用の中古マンションを東京で手に入れる
一方、高級住宅地の一つである広尾などは、大型の新築マンションが次々にできたこともあり、販売が伸びているとのことです。
中古マンションといっても、東京においては、新築物件にも劣らぬ需要があるようです。