ハンナンとはどのような企業なのか

ハンナンとはどのような企業なのか

美味しくて質のいいお肉や加工肉食品を食べたいですよね。
今回はハンナンというお肉を扱う会社についてご紹介したいと思います。
ハンナンは1947年創業の食肉を扱う会社になります。
国内だけではなく海外にもグループ会社がある大きな会社になります。
15か所の工場と、46か所の拠点があります。
新鮮な牛肉や豚肉をはじめ、グループ会社で製造されたハムやソーセージ、ローストビーフといった製品が発売されています。
こちらの商品が美味しくて品質も良く安全だということで人気があります。
その品質を維持するための管理体制がしっかりしているので信頼して購入することが出来ます。
ハンナンという表示があれば安心して購入してもいいと言ってもいいほどです。
お肉の種類も豊富ですので料理の用途によってお肉の部位を変えることが出来ます。
しかし、レシピ通りのお肉を使用しないとあまりおいしい料理ではなくなってしまいますので、レシピを使用して料理を作る際にはお肉の部位にも気を付けて購入しましょう。
ハンナンのお肉でおいしい料理を作ってみてくださいね。

厳しい品質管理で安全なハンナンのお肉

安全で高品質の商品の裏には徹底した品質管理があります。
ハンナンでは最新の注意を払いしっかり品質管理がされています。
そのためには品質管理を行う専門の従業員がおり、常に勉強をしています。
定期的に従業員が勉強をすることで徹底した品質管理が出来るというわけです。
そこで得た知識を工場内で実際に活用することによって安全な商品が提供できますね。
工場内は10℃から15℃に保たれており、安定した衛生環境が保たれています。
入荷時の目視でのチェックはもちろんのこと、各加工場には自社検査室が設けられており各過程で生菌検査を実施しています。
また、工場内では製造作業終了後は毎回専用の洗剤で入念に加工に使った道具や機械など加工場の隅々までしっかり洗浄します。
そして最後にオゾン水を散布して殺菌作業が行われています。
オゾン水は人畜無害で安全なものなのでさらに安心してお肉を購入することが出来ますね。
そしてさらに洗い残しがないかを検査係員が目視と払拭で検査をします。
衛生検査に不合格の場合はもう一度衛生作業をやり直します。
ハンナンの魅力について語れるようにしたい
こうしてハンナンでは厳しい衛生検査をクリアした工場で加工されたお肉をさらに生菌検査をしてそこもさらにクリアした商品だけが私たちの手元に届くというわけです。
これなら安心してハンナンの商品を購入することが出来ますね。