ガラスを割るのはレーザスクライブという特殊な方法で

ガラスを割るのはレーザスクライブという特殊な方法で

「ガラスは割れやすい」というのは殆どの人がご存知だと思いますし、割れたガラスを見た経験がある人も大勢いると思います。

ガラスが割れたときはその破片の断面は直線で直線と直線がぶつかり合う部分が尖っていて危険な場合が多いです。

そのようにまっすぐな直線で割れるガラスですから、加工する時点でガラスを分断するのは簡単だと思うかもしれませんが、実は非常に大変なことなのだそうです。

ガラスをまっすぐに分断し、尚且つその断面を滑らかにするには高度な技術を要し、また、分断した部分の周辺はどうしても強度が弱ってしまうため、その強度の劣化を防ぐ分断の方法を用いらなければならないそうです。

そこで最近注目されているのがレーザスクライブという技術です。

レーザーを使いガラスの分子が持つ収縮膨張する力を利用しガラスを分断する方法だそうです。

レーザスクライブという技術を使うことで、断面の精巧さが増し、断面からのガラス強度の劣化も防ぐことができるそうです。