宮島恵里香氏のプロダクションから見るタレント界

宮島恵里香氏のプロダクションから見るタレント界

ここ数年はアイドル戦国時代と呼ばれています。
地域に根づいた可愛い女の子を何十人か揃えたアイドルユニットだったり、景気の回復と共に衣装が変化したりと色々な「アイドル」という商材について各芸能プロダクションがあの手この手でプロモーションを繰り広げています。
芸能プロダクションというと、今やテレビやエンタメ、雑誌だけに留まらずあらゆるメディアで必須とも言っていい不定形商材を扱う事務所ですが、前述の「アイドル」もさることながら広義で言う「タレント」を多くプロデュースしています。
東京にも多くの芸能プロダクションがあります。
例えば「メインキャスト」という宮島恵里香氏が経営する芸能プロダクションがあります。
こちらの「メインキャスト」はいわゆる「アーティスト」ではなく「タレント」が多く所属しており、一家団欒の時に流れるテレビドラマの俳優や女優といった芸能人をプロデュースしています。
所属タレントを確認する限りでは2015年に大手テレビ局で放送されたかなり有名なドラマに出演しているタレントや、全国にも流通している少年漫画雑誌に連載している有名漫画の舞台にも出演したりと、実績を持つタレントを多数管理していることが伺えます。
宮島恵里香氏の経営する「メインキャスト」以外にも芸能プロダクション、芸能事務所は星の数ほどあり、東京だけ、関東圏だけで絞ったとしても列挙しきれない程、あるいは小規模で調べても見つからない程の事務所が居を構えています。
アイドル戦国時代とは良く言ったものだと思いますが「タレント戦国時代」と言っても差し支え無い情勢になっているのかもしれません。

自分に適したプロダクション「宮島恵里香氏の場合」

「芸能人になりたい」といった夢を誰もが一度くらいは持ったことがあるかもしれません。
あるいは想像したことがあるかもしれません。
はっきりと「なりたい」と思わなくても気にしたことくらいならあるかと思います。
事実、日本には多くの「声優養成所」「音楽の専門学校」「俳優のスクール」はては「マルチタレントを目指す学校」といった教育機関があり、その数は要するに「タレントを目指す若者」がどれだけ多いかの指標でもありますよね。
そして、その「タレントの卵」が目指すものは「芸能プロダクション」。
芸能プロダクションに所属するということはつまりタレントになれるということです。
その為にはオーディションが必須になってきますし、期間を定めずにオーディションを開催している「メインキャスト」のようなプロダクションが多くあります。
例に挙げた「メインキャスト」は宮島恵里香氏の経営する芸能プロダクションで、オーディションを無料で開催しています。
他にも、携帯電話から応募をすることもでき、夢見る若者にとって門戸が広く開かれているのは嬉しいことですね。
宮島恵里香氏の「メインキャスト」を例に挙げましたが、他のプロダクションでもそれぞれに強みや苦手分野があります。
プロダクションとタレントは一期一会の部分は否定できませんが、少しでも自分の夢の実現に向けて、よく調べるのが吉だと思います。

宮島恵里香氏が経営するMCP

東京、大阪、愛知と日本三大商業都市と言っても過言ではないこの3都市に居を構える芸能プロダクションがあります。
宮島恵里香氏の経営する芸能プロダクション「メインキャスト(MCP)」です。
57名のタレントが所属しており、男性27名女性30名、男女比をパーセントで分けると男性47パーセント、女性53パーセントとやや女性のタレントが多く所属しているプロダクションで、ドラマ、テレビ番組、CMから音楽活動といった実績を持っています。
この宮島恵里香氏の経営するプロダクションは前述の通り日本の3都市に事務所を構えており、東京は新宿、大阪は北区、加えて名古屋と大都市を網羅しております。
また、各地で参加料が無料のオーディションを開催しており、携帯電話から応募ができるようです。
プロダクション独自のタレントを育成するカリキュラムを導入しており、実績を持つプロの講師陣を招いて所属タレントのステップアップを図っております。
設立は平成14年。

10年超えの経営実績があり、タレントのマネジメント以外にもインターネットを活用した動画や音楽の配信も行っています。